本日のおススメは、「ハンバーグ」です!

いらっしゃいませ、こんにちは!

キッチンキタローへ、ようこそ。

本日のオススメは、「ハンバーグ」です!

f:id:barkitaro:20200621023200j:plain

材料

  • 合挽き肉・・・200g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 卵・・・1個
  • パン粉・・・大さじ3
  • 牛乳・・・大さじ3
  • 塩・胡椒・・・少々
  • ブロッコリー20g
  • ミニトマト・・・3個
  • ケチャップ・・・大さじ2
  • ウスターソース・・・大さじ1
  • コンソメ・・・少々
  • マヨネーズ・・・20g

f:id:barkitaro:20200621023333j:plain

作り方

  1. ブロッコリーを茹でて、玉ねぎをみじん切りにします
    f:id:barkitaro:20200621023429j:plain
    f:id:barkitaro:20200621023455j:plain
    【ポイント】ブロッコリーは塩茹でしておきます


  2. 大きめのボールに、合挽き肉・パン粉・牛乳・卵・玉ねぎ・塩・胡椒を加えよくこねます。
    f:id:barkitaro:20200621023529j:plain
    f:id:barkitaro:20200621023600j:plain
    【ポイント】しっかりとしたよくこねます
  3. 茹で上がったブロッコリーを流水で冷やし、合挽き肉を半分にして空気を抜くように手で叩きながら小判状に成形します。
    f:id:barkitaro:20200621023711j:plain
    f:id:barkitaro:20200621023743j:plain
    【ポイント】しっかりと空気を抜き成形します
  4. フライパンに油をしき焦げ目がつくまで焼きます。
    f:id:barkitaro:20200621023821j:plain
    f:id:barkitaro:20200621023852j:plain
    【ポイント】中心まで火を通すために中央を指でくぼませます
  5. ひっくり返したら、蓋をして蒸し焼きにします。
    f:id:barkitaro:20200621023925j:plain
    f:id:barkitaro:20200621023958j:plain
    【ポイント】蓋はなくても大丈夫です
  6. お皿に付け合わせを用意し焼きあがったハンバーグを盛りつけます。
    f:id:barkitaro:20200621024049j:plain
    f:id:barkitaro:20200621024121j:plain

    【ポイント】付け合わせはお好みで

  7. ハンバーグを焼いたフライパンは肉汁を残したままにし、ケチャップ・ウスターソースコンソメを加えて一煮立ちさせます。
    f:id:barkitaro:20200621024203j:plain
    f:id:barkitaro:20200621024235j:plain
    【ポイント】しっかりと混ぜ合わせます
  8. ハンバーグの下半分にソースをかけて出来上がりです。

f:id:barkitaro:20200621023238j:plain

それではごゆっくり、おくつろぎくださいませ!

 

 

お客様へ

 オーソドックスなハンバーグです。ソースにはケチャップをベースに作ってみました。そのままケチャップだけでも良いと思います。付け合わせには茹でたブロッコリーミニトマト。そこに添えたマヨネーズが食べ進めるうちにハンバーグとソースに絡んで味変も楽しめます。

 今回は2個分の分量で作りました。二人の場合は1つずつ、一人の場合は1日で二つ食べてもいいのですが、焼く前の状態で冷蔵庫に保管して翌日に別のトッピングで楽しむこともできますね。目玉焼きをトッピングしても良さそうですし、大葉と大根おろしで和風に仕上げてもよし、チーズとトマトソースでイタリア風なんてこともありですね。

 若干手間はかかるように感じますが、準備だけしておけば遅く帰った夜でも手早く作れるはずです。また、お休みの日であれば煮込みハンバーグにしてみたり、さらに手間暇かけて楽しめますね。

 今夜の夕食にいかがでしょうか?

 

 

本日もご来店ありがとうございました、またのお越しをお待ちしてます!

本日のオススメは、「ソース焼きそば」です!

いらっしゃいませ、こんにちは!

キッチンキタローへ、ようこそ。

本日のオススメは、「ソース焼そば」です!

f:id:barkitaro:20200619014514j:plain

材料

  • 焼きそばの麺(粉末ソース含む)・・・1人前
  • 豚バラスライス・・・80g
  • キャベツ・・・1/8個
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 人参・・・1/4本
  • 水(ほぐし用)・・・50ml
  • 塩・胡椒・・・少々
  • ウスターソース・・・大さじ2
  • 紅生姜・・・適量
  • 卵・・・1個

f:id:barkitaro:20200619014948j:plain

作り方

  1. キャベツはざく切りに、玉ねぎはスライスします。
    f:id:barkitaro:20200619015055j:plain
    f:id:barkitaro:20200619015122j:plain
    【ポイント】キャベツは切った後にザルでよく洗います。
  2. 人参は短冊切りに、豚バラは食べやすい大きさにカットします。
    f:id:barkitaro:20200619015152j:plain
    f:id:barkitaro:20200619015239j:plain
    【ポイント】人参は皮をピーラーで剥いてからカットします
  3. フライパンに油をしいて豚バラを炒め、白くなったら一旦ボールに移しておきます。
    f:id:barkitaro:20200619015313j:plain
    f:id:barkitaro:20200619015343j:plain
    【ポイント】ここに野菜を加えると固くなってしまうので一旦取り出しておきます
  4. 同じフライパンでキャベツ・人参・玉ねぎを炒めしんなりしてきたら豚バラを戻し、塩・胡椒で味付けします。
    f:id:barkitaro:20200619015422j:plain
    f:id:barkitaro:20200619015453j:plain
    f:id:barkitaro:20200619015523j:plain
    【ポイント】野菜はまとめて入れてしまってOKです
  5. 焼きそばを加えほぐし用に水を加えよく炒め、粉末ソース・ウスターソースを回しかけよく混ぜます。
    f:id:barkitaro:20200619015552j:plain
    f:id:barkitaro:20200619015619j:plain
    f:id:barkitaro:20200619015654j:plain
    【ポイント】水を加えてしっかりほぐします
  6. お皿に盛りつけ、卵を焼きます。
    f:id:barkitaro:20200619015735j:plain
    f:id:barkitaro:20200619015808j:plain
    【ポイント】卵も同じフライパンで焼いてしまいます
  7. 目玉焼き・紅生姜を飾ったら完成です。

f:id:barkitaro:20200619015913j:plain

お待たせいたしました、それではごゆっくりおくつろぎくださいませ!

 

 

 

お客様へ

 定番のソース焼きそばに目玉焼きとたっぷりの紅生姜をトッピングしてみました。紅生姜って一旦買ってしまうとなかなか使いきれないんですよね?そうなると一回の使用量が多めになってしまうのは一人暮らしのあるあるではないでしょうか?もしくは紅生姜を基準に献立を考えてしまったり・・・。お好み焼き・焼きそば・・、次は牛丼や豚丼ですかね?

 今回使用した野菜はキャベツ・人参・玉ねぎでしたが、他にもやしや長ネギ、ピーマンなどでもいけます。また、焼きそばを入れなくても野菜炒めとして1品メニューが出来上がります、豚肉も豚バラ出なくても豚こまや切り落としでも問題なしです。

 焼きそばといえば、どうしても屋台を想像してしまいます。よくよく考えてみるとそんなに特別美味しかった訳ではないと思いますが、お祭りや海の家で食べる焼きそばってすごく美味しく感じますよね?やっぱり料理ってそのもの本来の味に加えて、誰と食べたかとか周りのシチュエーションなどが隠し味となってさらに美味しさを増すものなんですね。そんな経験ないでしょうか?焼きそばを通して美味しい記憶を作りたいですね。

 今夜の夕食にいかがですか?

 

 

その他の焼きそばメニューはこちら

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

 

本日もご来店ありがとうございました、またのお越しをお待ちしてます!

本日のおススメは、「酢豚」です!

いらっしゃいませ、こんにちは!

キッチンキタローへ、ようこそ。

本日のオススメは、「豚の角煮」です!

f:id:barkitaro:20200617221202j:plain

材料

  • ヒレブロック・・・120g
  • 生姜・・・20g
  • 卵・・・1個
  • 長ネギ・・・1/4本
  • 長ネギ(青い部分)

調味料

  • 醬油・・・大さじ3
  • 料理酒・・・大さじ3
  • 砂糖・・・小さじ2
  • 煮汁・・・100ml

f:id:barkitaro:20200617221306j:plain

作り方

  1. 長ネギは千切りにして、水につけておきます。
    f:id:barkitaro:20200617225210j:plain
    f:id:barkitaro:20200617225304j:plain
    【ポイント】はじめにカットして、しばらくつけておきます
  2. ヒレは食べやすい大きさに、生姜は皮のままスライスします。
    f:id:barkitaro:20200617225415j:plain
    f:id:barkitaro:20200617225506j:plain
    【ポイント】豚ヒレは煮込んでからカットしてもOK
  3. 卵はお尻の部分に軽くヒビを入れて、20分ほど茹でます。
    f:id:barkitaro:20200617225550j:plain
    f:id:barkitaro:20200617225633j:plain
    【ポイント】あまりヒビを強く入れすぎると茹でている間に形が崩れます
  4. フライパンに豚ヒレ・生姜(半分)・長ネギの青い部分を加え、水をひたひたになるまで注ぎ蓋をして中火で40分ほど煮込みます。
    f:id:barkitaro:20200617225832j:plain
    f:id:barkitaro:20200617225925j:plain
    【ポイント】アクを定期的に取り除きましょう
  5. 卵は茹で終わったら、流水で冷やしておきます。

    f:id:barkitaro:20200617230035j:plain

    【ポイント】流水で粗熱をとったら、氷水で急冷します
  6. 煮込んだ豚ヒレは、ザルの下に入れ物をおき煮汁をこぼさないように湯切りします。
    f:id:barkitaro:20200617230142j:plain
    f:id:barkitaro:20200617230247j:plain
    【ポイント】煮汁はタレに使うので全て捨てないように注意
  7. フライパンに、醬油・料理酒・砂糖・煮汁100ml分と残りの生姜を加えます。さらに豚ヒレ・殻をむいたゆで卵を入れて20分ほど煮詰めます。
    f:id:barkitaro:20200617230356j:plain
    f:id:barkitaro:20200617230437j:plain
    【ポイント】たまにひっくり返しながら煮込みます
  8. 落し蓋をして、豚ヒレと卵にしっかり味が染み込んだら火を止めます。
    f:id:barkitaro:20200617230524j:plain
    f:id:barkitaro:20200617230612j:plain
    【ポイント】落し蓋がなかったのでアルミホイルで代用しました
  9. ゆで卵を半分にカットし、お皿に豚ヒレとともに盛りつけ、長ネギ・からしを飾って完成です。

f:id:barkitaro:20200617221105j:plain

お待たせいたしました、それではごゆっくりおくつろぎくださいませ!

 

 

お客様へ

 甘辛い味付けでご飯によく合う豚の角煮です。少し調理に時間がかかってしまうのが難点ではありますが、煮込んでいる間は基本的には手を放せるので何か作業をしながらでも作れてしまいます。ただ、できればアクを取る作業はしっかり行った方が美味しく仕上がりますね。また、圧力鍋があれば時短で調理することもできると思います。

 今回は一緒にゆで卵を味付け卵にしてみました。ゆで卵は茹でる前にお尻の部分にヒビを入れておくと驚くほど簡単に殻を剥くことができます。この部分でなくても軽くヒビを入れておけばある程度は簡単に向けますが、お尻の部分が一番効果があります。また、卵以外にも大根などを一緒に煮込んでもいいかもしれません。

 煮詰める時のポイントとして、落し蓋がなかったためアルミホイルで代用してみました。そんなに高いものでもないと思うので用意しておくと煮物をするときに便利だと思います。

 角煮の決め手はトロトロ感でしょうか?どれだけ柔らかく煮込めるかが腕の見せ所ですね。

今夜の夕食に挑戦してみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

本日もご来店ありがとうございました、またのお越しをお待ちしてます!

本日のオススメは、「お好み焼き」です!

いらっしゃいませ、こんにちは!

キッチンキタローへ、ようこそ。

本日のオススメは、「お好み焼き」です!

f:id:barkitaro:20200617125622j:plain

材料

  • 豚バラスライス・・・60g
  • キャベツ・・・1/8個
  • 卵・・・1個
  • あげ玉・・・10g
  • 薄力粉・・・50g
  • 水・・・50ml
  • 昆布だし顆粒・・・4g
  • 紅生姜・・・10g
  • オタフクソース・・・適量
  • マヨネーズ・・・適量
  • かつお節・・・2g

f:id:barkitaro:20200617125711j:plain

作り方

  1. キャベツを千切りにしてザルでよく洗い、豚バラは食べやすい大きさにカットします。
    f:id:barkitaro:20200617130127j:plain
    f:id:barkitaro:20200617130208j:plain
    f:id:barkitaro:20200617130234j:plain
    【ポイント】キャベツは洗ったらよく水気を切ります
  2. ボールで薄力粉と水をよく混ぜあわせ、卵・あげ玉・昆布だしを加えます。
    f:id:barkitaro:20200617130307j:plain
    f:id:barkitaro:20200617130333j:plain
    f:id:barkitaro:20200617130402j:plain
    【ポイント】水は何回かに分けてダマにならないように混ぜます
  3. キャベツを加えてよく混ぜます。
    f:id:barkitaro:20200617130434j:plain
    f:id:barkitaro:20200617130501j:plain
    【ポイント】キャベツを入れたら菜箸の方が混ぜやすいです
  4. フライパンに油をしいて焼き、焦げ目がついたら豚バラをのせてひっくり返します。
    f:id:barkitaro:20200617130531j:plain
    f:id:barkitaro:20200617130559j:plain
    f:id:barkitaro:20200617130626j:plain
    【ポイント】フライパン全体に広げて焼きます
  5. 裏面にも焼き色がついたらお皿に盛りつけ、オタフクソースマヨネーズをかけます。
    f:id:barkitaro:20200617130706j:plain
    f:id:barkitaro:20200617130730j:plain
    【ポイント】オタフクソースとマヨネーズはお好みでかけます
  6. 紅生姜とかつお節をトッピングして完成です。

f:id:barkitaro:20200617130757j:plain

お待たせいたしました、それではごゆっくりおくつろぎくださいませ!

 

 

 

お客様へ

 基本的なフライパンで作るお好み焼きです。ホットプレートなんかがあれば、テーブルの上で楽しく焼けると思います。リビングでテレビや映画を観ながら、ビールとともに焼きながら食べれたら、きっとリッチな気分を味わえますよね!ホットプレートがあると他にもホットケーキや、焼肉も。場合によってはたこ焼きパーティーもできますね。

 お好み焼きってたまに無性に食べたくなる時がありますよね。学生時代にはよく部活帰りにお好み焼き屋に通った記憶もあります。どちらかというと一人で食べるというよりも、みんなでワイワイ食べることに向いているメニューなのかなと思います。もちろん一人で食べても美味しいことに違いはありませんけどね。

 今回は使いませんでしたが、山芋をすりおろしたものを加えるとふんわり仕上がります。その他にもお好みの具材を使ってアレンジが色々楽しめますよね。また、焼きそばを加えて広島風にしても美味しいと思いますし、目玉焼きを乗せても良さそうですね。

 お休みの日の昼食や、夜食。または3時のおやつにも合わせられるのではないかと思います。もちろん夕食でもいけますよね。

 本日の献立にいかがですか?

 

 

 

本日もご来店ありがとうございました、またのお越しをお待ちしてます!

本日のオススメは、「海老チャーハン」です!

いらっしゃいませ、こんにちは!

キッチンキタローへ、ようこそ。

本日のオススメは、「海老チャーハン」です!

f:id:barkitaro:20200617082948j:plain

材料

  • ご飯・・・220g
  • むき海老・・・80g
  • 長ネギ(青い部分含む)・・・1/2本
  • 卵・・・1個
  • ごま油・・・大さじ1
  • 醬油・・・大さじ1
  • 創味シャンタン・・・5g
  • ブラックペッパー・・・少々

f:id:barkitaro:20200617083238j:plain

作り方

  1. 長ネギを小口切りにし、フライパンでごま油を熱しむき海老をソテーします。
    f:id:barkitaro:20200617083445j:plain
    f:id:barkitaro:20200617083535j:plain
    【ポイント】長ネギは青い部分も使います。
  2. むき海老に火が通ったら卵を割り入れさっとほぐしご飯を加え炒めます。
    f:id:barkitaro:20200617083616j:plain
    f:id:barkitaro:20200617083651j:plain
    【ポイント】卵を入れたらすぐにご飯を投入します
  3. ご飯がほぐれたら、長ネギと創味シャンタンを加えよく混ぜながら炒めます。
    f:id:barkitaro:20200617083724j:plain
    f:id:barkitaro:20200617083816j:plain
    【ポイント】長ネギは最後に入れることで風味と食感を生かします
  4. お皿に盛りつけて、ブラックペッパーを振ったら完成です。

f:id:barkitaro:20200617083848j:plain

お待たせいたしました、それではごゆっくりおくつろぎくださいませ!

 

 

お客様へ

 海老をメインに使ったチャーハンです。材料は極めてシンプルにまとめました。海老は冷凍のむき海老を使いましたが、少し大きめのバナメイなどを使うともっとリッチな雰囲気になるかと思います。冷凍の小さめのむき海老は冷凍庫にストックしておくと色々使いまわせて便利ですね。また、長ネギは青い部分も使いました。これは出来上がった時に緑の部分があると見た目に鮮やかさが加わるためです(もちろんただ捨てると勿体無いし、食材ロスになってしまうので)。見た目の色合いや味に深みを出すためには、ニラを加えても美味しいと思います。

 これまでのチャーハンのレシピではご飯を投入した後に、料理酒を振ることによってほぐしやすくしていましたが、今回はむき海老から水分が多く出ていたので料理酒は控えました。びちゃびちゃになってしまうと仕上がりがベチャベチャになってしまいます。また、チャーハンのコツの一つとして、そもそもご飯を炊く時に水を少なめで炊くとチャーハンを作りやすい水分控えめに炊き上がります。

 チャーハンの世界は奥深いですね。材料・トッピング・火加減・使うフライパン・卵の固め方・ご飯の状態などこだわるべきところが大きて楽しめるのではないでしょうか?週に1回チャーハンの日を決めたりすると面白いかもしれませんね。

 今日のお昼にいかがですか?

 

 

 

その他のチャーハンのレシピはこちら

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

本日もご来店ありがとうございました、またのお越しをお待ちしてます!

本日のおススメは、「酢豚」です!

いらっしゃいませ、こんにちは!

キッチンキタローへ、ようこそ。

本日のオススメは、「酢豚」です! 

f:id:barkitaro:20200616230518j:plain

材料

  • ヒレブロック・・・120g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 人参・・・1/4本
  • ピーマン・・・2個
  • 片栗粉・・・小さじ3
  • 塩・胡椒・・・少々

合わせ調味料

  • 酢・・・大さじ2
  • ケチャップ・・・大さじ2
  • 醬油・・・大さじ1
  • 料理酒・・・大さじ1
  • 砂糖・・・小さじ2
  • 創味シャンタン・・・3g

f:id:barkitaro:20200616231127j:plain

作り方

  1. 酢・ケチャップ・醬油・料理酒・砂糖・創味シャンタンをボールでよく混ぜ、合わせ調味料を作ります。
    f:id:barkitaro:20200616232859j:plain
    f:id:barkitaro:20200616232938j:plain
    【ポイント】あらかじめ混ぜておくと絡める時にスムーズになります
  2. ピーマン・人参は乱切りに、玉ねぎはくし切りにカットします。
    f:id:barkitaro:20200616233014j:plain
    f:id:barkitaro:20200616233048j:plain
    f:id:barkitaro:20200616233132j:plain
    【ポイント】人参はレンジで温めておくと時短になります
  3. ヒレを2cmくらいの幅でカットし、塩・胡椒をふり片栗粉をまぶします。
    f:id:barkitaro:20200616233229j:plain
    f:id:barkitaro:20200616233308j:plain
    f:id:barkitaro:20200616233408j:plain
    【ポイント】まな板の上で完結させると洗い物が減ります
  4. フライパンに油をひたひたに注ぎ、豚ヒレを揚げ焼きします。片面に焼き色がついたらひっくり返し裏面も焼き、いったん取り出します。
    f:id:barkitaro:20200616233448j:plain
    f:id:barkitaro:20200616233534j:plain
    f:id:barkitaro:20200616233610j:plain
    【ポイント】油は最低限の量で揚げ焼きすると節約できます
  5. 同じ油で人参、玉ねぎをあげて、人参に火が通ったらピーマンを加え軽く揚げます。
    f:id:barkitaro:20200616233647j:plain
    f:id:barkitaro:20200616233729j:plain
    f:id:barkitaro:20200616233809j:plain
    【ポイント】ピーマンは薄いので後から入れます
  6. 余った油をペーパータオルなどで拭き取り、具材を戻し合わせ調味料を加え加熱します。
    f:id:barkitaro:20200616233850j:plain
    f:id:barkitaro:20200616233940j:plain
    【ポイント】ペーパータオルでしっかり拭き取っておきます
  7. 片栗粉を加えともみを出しながら、よく絡めます。
    f:id:barkitaro:20200616234014j:plain
    f:id:barkitaro:20200616234052j:plain
    【ポイント】片栗粉はよく混ぜないとダマになるので注意
  8. お皿に盛りつけたら完成です。

f:id:barkitaro:20200616232634j:plain

お待たせいたしました、それではごゆっくりおくつろぎくださいませ!

 

 

お客様へ

 おうち中華の定番の1つ、酢豚です。特に変化を加えることはなく一般的な材料で作ってみました。酢豚といえばよく論争になることにパイナップルを入れるかどうか問題がありますが、個人的には特に賛成でも反対でもありません。ただ家で作るとなるとパイナップルを用意する手間は少々面倒くさいかなと感じてしまいます。外で食べる分には入っていても美味しくたべれますけども。

 豚肉は今回、豚ヒレのブロックを使いましたがスーパーでよく見かけるカレー用の豚肉でもOKだと思います。また豚こまでも切り落としでも大丈夫ですね。なんなら鶏肉を使って「酢鶏」にしても美味しいですね。酢豚に限らず他のメニューでもメインのお肉を牛肉にしたり豚肉、あるいは鶏肉にしたりとバリエーションを楽しむことができますよね。色々試してみると楽しいかもしれません。

 酢が食欲をそそる白米によく会うメニューです!

 今夜の夕食にいかがでしょうか?

 

 

 

その他のおうち中華はこちら

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

本日もご来店ありがとうございました、またのお越しをお待ちしてます!

本日のオススメは、「キムチ納豆の焼うどん」です!

いらっしゃいませ、こんにちは!

キッチンキタローへ、ようこそ。

本日のオススメは、「キムチ納豆の焼うどん」です!

f:id:barkitaro:20200615233845j:plain

材料

  • 冷凍うどん・・・1人前
  • キムチ・・・100g
  • 納豆(付属のたれ、からし含む)・・・1PAC
  • 卵・・・1個
  • 醬油・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

f:id:barkitaro:20200615235905j:plain

作り方

  1. 納豆にタレとからしを加えよく混ぜます。
    f:id:barkitaro:20200616000311j:plain
    f:id:barkitaro:20200616000346j:plain
    【ポイント】納豆は時間が許す限り混ぜます


  2. フライパンにごま油をしき解凍した冷凍うどんを炒め、醬油で下味をつけます。
    f:id:barkitaro:20200616000422j:plain
    f:id:barkitaro:20200616000457j:plain
    【ポイント】ごま油がなければサラダ油でOKです
  3. 納豆・キムチを加え混ぜながら炒めます。
    f:id:barkitaro:20200616000544j:plain
    f:id:barkitaro:20200616000632j:plain
    【ポイント】納豆とキムチはさっと火を通す程度が良いです
  4. 中央をくぼませるようにお皿に盛り付け、卵をのせて完成です。

f:id:barkitaro:20200615234345j:plain

お待たせいたしました、それではごゆっくりおくつろぎくださいませ!

 

 

お客様へ

 キムチと納豆のゴールデンコンビを使ったメニューです。一人暮らしの方の冷蔵庫内のレギュラーといっても過言ではないキムチと納豆。それぞれ単体でも十分活躍できる素材を掛け合わせてみました。今回はうどんをメインに使いましたが、ご飯で作ればチャーハンにもなると思いますし、卵で閉じれば一品料理としても成り立つと思います。

 トッピングには生卵をのせました。その効果で全体的にマイルドな仕上がりになってます。一口目は納豆の甘みが先にきて、続いてキムチの酸味が追いかけてきます。それらの味覚を卵が包み込むように一体化させてくれてとても楽しめる味に仕上がりました。卵は温泉卵でも合うかなとも思います。今回は勿体無いので卵白も使いましたが、別で使える用途があるなら卵黄だけでも良いかもしれませんね。

 使う材料も少なく作りかたもシンプルで簡単で美味しいです!納豆・キムチ・卵・冷凍うどんは常備しておくことをオススメしたいです。

 今夜の夕食にいかがでしょうか?

 

 

その他の冷凍うどんのレシピはこちら

 

www.kitaro-tanaka.com

  パスタ風冷凍うどんシリーズはこちら

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

www.kitaro-tanaka.com

 

 

本日もご来店ありがとうございました、またのお越しをお待ちしてます!